« ハッシュブラウン (aka ハッシュド・ポテト) | トップページ | かんたんレモン・スフレ »

なにもいらない

画像出所

たべるものも なく

きるものも ない

このこに あたえるための

わずかな みずさえも

せめて わたしの ちぶさから

いのちの しずくを あたえたい

やむことを しらない ばくおんに 

ははの むねは えぐられる

きぎれのような うで と あし

みあげる ひとみに ひかり なく

かすかに うごく くちびるに

ひとさしゆびを あてがって

はは は あたえる

なみだの しずく

ひとびとの たましいに はりついた

どすぐろい

ぞうおに みちた 

はかいの こころ

たたかいの たいぎは

あい と かみ

しんずるものは すくわれる?

わたしは いらない

わたしは しらない

さつりくのための

あい と かみ など

わたしは いらない

なにも いらない

ただ...... 

ゆるされるなら

ひとつだけ

このこらに 

いのちを つなぐ

パン と みず


この詩は2008年の1月につくったものです。他のサイトにもアップしておりますが、多くの方にお読みいただきたいと思い、今一度掲載することにいたしました。

この記事へのコメント

涙がでました。
勇気をいただきました。
自分の悩みなど本当に小さくて贅沢なものだと改めて気付かせられました。
Posted by AmiA at 2008年06月05日 11:28
                                       
はじめまして。
本当に考えさせられる詩ですね・・・。
日本は贅沢。。生まれてくる子供には不平等な世界。
母として子供を守りたいという気持ちすごくわかります。
今の日本、この詩をたくさんの人に読んでほしいと思いました。
Posted by べり妻 at 2008年06月05日 14:15
                                    
はじめまして。
ホントに考えさせられます、
四川の地震といい、」私の悩みなんてとてもちっぽけで恥ずかしく思います。
平和で皆さんが普通に食べて笑って過ごせる世の中になって欲しいものです。
Posted by 光太郎 at 2008年06月05日 14:58

|

« ハッシュブラウン (aka ハッシュド・ポテト) | トップページ | かんたんレモン・スフレ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211268/46194530

この記事へのトラックバック一覧です: なにもいらない:

« ハッシュブラウン (aka ハッシュド・ポテト) | トップページ | かんたんレモン・スフレ »