« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

☬ 揚げ物の下ごしらえ…衣をつける

皆さんは揚げ物をするとき、たとえば、エビフライを作るとき、エビにパン粉をまぶしてから揚げますよね。でも、エビをいきなりパン粉の衣で包んでも、見た目も味も良いものにはなりません。まずは、小麦粉を軽くエビの表面にまぶし、それから、溶き卵(または溶き卵白)にくぐらせ、そしてパン粉の衣を着せます。その際、衣にあらかじめちょっと下味を付けておくと、味にバリエーションを持たせることができます。このあたりの一連の動作を英語で説明してみます。では、ちょっとだけ・・・。

Lightly flour the shrimp, apply a thin wash of egg white, and then roll the shrimp in panko crumbs flavored with horseradish, minced shallot, garlic, and herbs.

おそまつさまでしたcherry

| | コメント (0)

Ψ 鼻にツンとくる

ワサビの魅力の一つは独特の辛さと香気。この匍匐(ホフク)茎(=地下茎) rhizome は舌だけではなく、鼻にも存在感を主張してきますね。つまり、あのツンとくるカンジ。普通は pungent という語でその感じが出せますが、人によっては、特に、欧米の人たちの中には、「ツン」という刺激というよりも、鼻に「す~っと抜ける」イメージでワサビをとらえている人もいます。ボクの観察にひょっとしたら誤りがあるかもしれませんが、そういう人たちがいるような気がします。そのようなイメージを表せそうな言葉に nasal-clearing があります。と、断言していいかは正直、定かではありませんが、おそらく使えると思います。ご参考までにウィキペディアwasabi をご参照ください。ウィキペディアでは nasal-clearing は使われていないようですが。ボクなら、とても簡単な説明でいいなら、例えば次のような英文も可能だと思いますね~・・・

Wasabi is a spicy, nasal-clearing rhizome which is most commonly used as a condiment for sushi and sashimi...

どういう英語の説明が正しいか…には絶対的なものはありませんから、異論のある方はご自分で色々工夫して英語説明文を作ってみてくださいhappy01

| | コメント (0)

∇ んっ?底にたまった溶かしバター

先日、料理英語講座の生徒さんが、私の動作を見ながら、「今の Ray さんの動きを英語で言うとどうなりますか?」という質問をなさいました。ボクは一瞬、「ん・・・?」と何を言われているのか分からなかったのですが、すぐに「あっ、そうか」と合点がいきました。

実は、フライパンで「表面カリカリ、中ジューシー、ホタテのバター焼き」を作っていた最中だったのですが、「フライパンにバターを入れ、それが溶けて、ちょっとだけ焦げ色がついてきたところで、フライパンを傾け、フライパンの底にたまった液体バターをスプーンですくいながら、ホタテにかける」一連の動きについての description を求めるものだったのです。以下はその時、ボクが使ったセリフです。ご参考になるか分かりませんが、読んでみて下さい。

I tilted the skillet to allow the butter to pool, then used a large spoon to ladle the foaming buter over the scallops. scissors

| | コメント (0)

Ж クール・ガイ [どなたか素敵な曲をつけて下さい]

すりきれ ジーパン はんさげで

ヴィキニの アンダー クリムゾン

ヒップに ひかる チェーン・キー

うすい さついれ ひっかけて

ふけば とぶよな きゃしゃな やつ

パープル イェロゥ バクハツ・ヘアに

チーク・ピアスが ワン・ダース

ゆきかう おっちゃん ふりかえり

「なんだ ありゃぁ」 と はきすてる

さげすむ しせん つきささり

さぞや いたかろ どうじょう するも

よけいな せんさく ごむようと

うつむきかげんに さっていく  

おのれの うんめい しるかのように

えみを たたえた その めには

じあい あふれる ほうようの

ちから ゆたかに いきを する

まる はんにちも あるいたろうか

ゆらめく せなか ゆうひを うけて

まだか まだかと まちうける

”なぎさえん”へと きえていく

おやを なくした そのこらは

にねんに いちどの ほうもんに

うきたつ こころ おどらせる

ひとり ひとりの かたを だき

ゆるぎぬ せいちょう たしかめる

かんきの ひととき みまもりつ

やそじの シスター めに なみだ

こころは ふかく あかぎれて

いのちを けずる ひび すごす

「いかないで」

ぐずる おさなご やさしく だいて 

うたう くちびる あいに みつ

こもりうたなど しらないけれど

たましい かなでる しらべには

きぼうの たねの いきづかい

こらが ねいった ころをみて

いちまんえんさつ じゅうまいと

ぬくもり のこる ぜんしん ぴあす

「これで すこしは もつはず」と

えんぴつがきして えんを さる 

| | コメント (0)

お料理の大前提・・・安全

以下の文は最初に日本語で考え、次にそれを英語で「表現」しています。言葉の置き換えではありませんclub英語で「表現」する場合には、日本語バージョンの「内容」をお伝えすることを心がけながらも、ボクは完全に英語で考えていますから、日本語⇒直訳英語にはならないのです。この部分をちょっと頭に入れて呼んでいただければと思います~notes

お料理をする時には、いつも気をつけていただきたいことがありますflairそれは安全。Whenever you cook, there are certain safety rules you must always keep in mind. 以下の文はお料理講習の時にボクがいつも使っている英文です。中学生~主婦の方まで、ご参考になる言い回しや言葉の使い方があると思います。参考になさってくださいscissorsThe following English sentences are what I regularly use when I teach cooking to kids to housewives.  Hope it will help. でも、これって腕に覚えのある料理人なら当たり前に身についていることなんですけどねsunEven experienced cooks follow these rules when they are in the kitchen..

まずは、食べ物に触れる前には必ず手を洗うことsweat01それから、野菜や果物もapple表面に土などの汚れや農薬なんかがついていますから、しっかり洗うことが大事ですね。Always wash your hands before handling food. Thoroughly wash all raw vegetables and fruits to remove dirt, chemicals, and insecticides.

よくお豆腐を手のひらpaperで切る方がいますが (まあ、豆腐ぐらいならいいんですけれど)、基本的にはやめた方がいいですよ。まな板があるんですから。それと、食材を切る時には、刃を絶対に自分の方に向けないことbearing意外と安易にやっちゃうんですよね、これが。傍らで見ててハラハラcoldsweats01することがあります。ましてや、他人に向けては絶対にだめですね。Use a cutting board when cutting up vegetables and fruits. Don’t cut them up in your hand! And be sure to cut in a direction away from you and your fingers.

料理の時は長髪やひらひらの服装はだめ。コンロのそばだと火thunderがつきますよ。長髪の方はしっかり髪を頭の後ろでまとめておくことが大事です。Long hair or loose clothing can easily catch fire if brought near the burners of a stove. If you have long hair, tie it back before you start cooking.

子供が周りにいるときに特に気をつけていただきたいことがあります。それは、フライパンとか鍋の柄をコンロの向こう側に向けておくことです。特に煮込みなんかの場合にはそうですね。そうしないと、小さい子が柄にぶつかって、厚いパンをひっくり返す可能性があるからです(・・・とここまで日本語を書いて、さて英文にしようとしたら、ちょっと嫌になりましたthinkですから、かなり端折(はしょ)って、手抜き英文にしたいと思います)。Turn all pot handles toward the back of the stove so that you will not catch your sleeves or jewelry on them. This is especially important when younger brothers and sisters are around. They could easily knock off a pot and get burned.

厚いフライパンや鍋の柄をつかむ時には、乾燥した布かなんかの鍋つかみを使いましょう。柄が超熱いときには、湿った布はやめた方がいいです。湿った布で柄をつかむと、出てきた蒸気で火傷の危険性があります。「そんなバカなpout」とお思いの方。ボクはそれで火傷したことがあります。要注意です。Always use a pot holder to steady hot pots or to take pans out of the oven. Don’t use a wet cloth on a hot pan because the steam it produces could burn you.

熱い鍋の蓋を開けるときは、自分側ではなくてコンロの向こう側から開けましょう。Lift the lid of a steaming pot with the opening away from you so that you will not get burned.flag

万が一火傷をしたら、冷たい流水で洗いましょう。アメリカ人の方は、お母さんかおばあちゃんに教わったのか、火傷に変なものをつけたがる人がいますが、事態を悪化させるだけですからやめた方が無難ですhospital If you get burned, hold the burn under cold running water. Do not put grease or butter on it. 冷たい流水が一番ですよ。とにかく、患部の熱をとることが大事で~す。Cold water helps to take the heat out, but grease or butter will only keep it in.

料理途中に油に火がついてしまったら、(可能ならばコンロの火を止め)重曹か塩をどさっと鍋ん中に入れて下さい。水では絶対に消えません。If grease or cooking oil catches fire, throw baking soda or salt at the bottom of the flame to put it out. (Water will not put out a grease fire.) Call for help, and try to turn all the stove burners to “off.” [無責任ですが、この部分は受け売りです。ボクは一度もためしたことがありません。]

著作権はありますが、主張しません。先生方はコピーして授業で使ってもいいですけれど、英文に間違いが潜んでいるかもしれません。不具合にはボクは責任を持ちませんので、お含みおきください。[注)1箇所だけ、意図的に間違いを忍び込ませています。]

| | コメント (0)

❝How would you say this in English?❞

wine大きめの厚手鍋で油を熱し、ベーコンを中火できつね色に焼く。玉ねぎとニンニクを加え柔らかくなるまで炒める。火を強め、牛ひきを入れる。木製スプーンでかたまりをほぐしながら軽く焦げ目がつくぐらい炒める。ワインを入れ、全体が3分の2ほどになるまで煮詰める。弱火にし、トマト、水切りマッシュルーム、ローリエ、オレガノ、タイム、バルサミコ酢を混ぜ入れる。restaurant

試訳budHeat the oil in a large, heavy-based saucepan and fry the bacon until golden over a medium heat. Add the onions and garlic, frying until softened. Increase the heat and add the minced beef. Fry it until it has browned, breaking down any chunks of meat with a wooden spoon. Pour in the wine and boil until it has reduced in volume by about a third. Reduce the temperature and stir in the tomatoes, drained mushrooms, bay leaves, oregano, thyme and balsamic vinegar.happy01

カットの仕方や下ごしらえの仕方、分量は省いています。とりあえず、調理の基本表現だけを学んでいただけたらと思います。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »