« ∇ んっ?底にたまった溶かしバター | トップページ | ☬ 揚げ物の下ごしらえ…衣をつける »

Ψ 鼻にツンとくる

ワサビの魅力の一つは独特の辛さと香気。この匍匐(ホフク)茎(=地下茎) rhizome は舌だけではなく、鼻にも存在感を主張してきますね。つまり、あのツンとくるカンジ。普通は pungent という語でその感じが出せますが、人によっては、特に、欧米の人たちの中には、「ツン」という刺激というよりも、鼻に「す~っと抜ける」イメージでワサビをとらえている人もいます。ボクの観察にひょっとしたら誤りがあるかもしれませんが、そういう人たちがいるような気がします。そのようなイメージを表せそうな言葉に nasal-clearing があります。と、断言していいかは正直、定かではありませんが、おそらく使えると思います。ご参考までにウィキペディアwasabi をご参照ください。ウィキペディアでは nasal-clearing は使われていないようですが。ボクなら、とても簡単な説明でいいなら、例えば次のような英文も可能だと思いますね~・・・

Wasabi is a spicy, nasal-clearing rhizome which is most commonly used as a condiment for sushi and sashimi...

どういう英語の説明が正しいか…には絶対的なものはありませんから、異論のある方はご自分で色々工夫して英語説明文を作ってみてくださいhappy01

|

« ∇ んっ?底にたまった溶かしバター | トップページ | ☬ 揚げ物の下ごしらえ…衣をつける »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ∇ んっ?底にたまった溶かしバター | トップページ | ☬ 揚げ物の下ごしらえ…衣をつける »